ウミガメを守る、海を守る。

ウミガメリハビリテーションセンターキャラペイス|イメージ画像

九州一広い面積を持つ佐伯市は、海岸線の総延長が270㎞におよび、その美しいリアス式海岸は「日豊海岸国定公園」に指定されています。
九州最東端がある鶴見半島最端の集落で絶滅危惧種のウミガメの保護を目的とした施設「CARAPACE」が新設されました。
ここは定置網などで混獲されたウミガメが野生復帰のためのリハビリをする施設です。野生復帰までの過程を様々なプログラムを通じ、体験することができます。


CARAPACE(キャラペイス)とは英語で“甲羅”という意味です。
甲羅はカメの体の一部あり、外敵から身を“守る”役割を果たしています。この守るというところからウミガメを守る、そして海を守るという意味を込めて施設の名称を“CARAPACE”と名付けました。

みんなでまなぼう!体験プログラム
ウミガメ餌やり体験

貴重なウミガメに触れ合える体験プログラムです。
海のおうちに帰るためにどんなことをしているのかを体験できます!

料金:1,000円〜/人

開催時期:5月〜10月

定員:10名(最少催行人数3名)

所要時間:30分〜

年齢:3歳以上(11歳未満は保護者のご参加、18歳未満は保護者の同意が必要です。)

ウミガメ保全体験プログラム/ウミガメ調査体験プログラム/

お問い合わせ

ウミガメリハビリテーションセンター|キャラペイス

ウミガメリハビリテーションセンター |キャラペイス

TEL/FAX 0972-34-8448

[NPO法人おおいた環境保全フォーラム付属 はざこネイチャーセンター

(はざこネイチャーセンター「お問い合わせフォーム」よりお申し込みください。)

メール:oita.seaturtle@gmail.com

876-1312 大分県佐伯市鶴見下梶寄551番

アクセスマップ

はざこネイチャーセンター 地域ESD活動拠点 おおいた環境保全フォーラム sDGs4_sDGs14